ISO_639-1コード順にGoogle Fontを表示します。

動的フォントロードボタンは「画像表現」にもあります。

Google Fontページ定義順 / ISO_639-1コード順 / Google Fontsページ / ISO_639-1コード / 画像表現

それぞれの画像をクリックすると新しいタブでオリジナル画像を表示できますが、そのオリジナル画像をクリックすると出典元のページを表示できます。
著者: Ujiki.oO / 間違いのご指摘などのコメントは DISQUS .or. LIVEFYRE ここでお願いします。
各言語名は、 ja.wikipedia.org での表現を採用しました。


  1. Google翻訳で無差別に言語を選択します
  2. 「豆腐文字」化けした場合
  3. 再表示するとISO_639-1コードで位置決めします
  4. 選択した言語専用のフォントを選択し
  5. 「フォントをロードする」ボタンを押します


グーグル機械翻訳
GOOGLE TRANSLATE

※ 本ページの画像表現には、
Ujiki.oO製「ページ訪問時に重くならない画像配置」関数(β版)を利用しています。

OverTheMouse2016z(id,width,height,画像URL,false(.or. onerror用画像URL ) [, リンクURL ]);

関数にはオプションでリンクを指定できます。
この文章よりも上の画像は一度のクリックでリンク先へ移動しますが、
この文章よりも下の画像はマウスが無い端末(iPhoneなど)を考慮して、
最初のタップ(奇数)では機能しませんが、次のタップ(偶数)でリンク先へ移動します。
配布予定はあります。 本β版での要望をお待ちしています。
要望などのコメントは DISQUS .or. LIVEFYRE ここでお願いします。

animated+gif by google.com

Copyright© 2016-2017 Ujiki.oO All Rights Reserved.